簡単!材料シンプル!旦那も大好き、チキン南蛮

 

  • たまには揚げ物も食べたい!
  • でも簡単に作りたい!
  • 野菜も一緒に摂りたい!

そんな時ありますよね!

忙しくても簡単にメイン料理になる、男の人も大好きなメニュー、我が家のチキン南蛮をご紹介します。

 

材料

  • 鶏のささみ 適量(我が家は600g~700gくらい)
  • 片栗粉 適量
  • みりん 50㏄くらい
  • 酢 50㏄くらい
  • 醤油 50㏄くらい
  • きゅうり 1本
  • 玉ねぎ 1/4~1/2個
  • たまご 1個
  • マヨネーズ 適量

 

作り方

チキン南蛮の漬けだれから作ります

①お鍋にみりんを入れて火にかけます。沸騰したらOK。

ふつふつして沸いたらOK

 

②酢と醤油を入れて火を止めて、耐熱容器に移します。

【ポイント】
みりん:酢:しょうゆ=1:1:1くらいでOK。
わざわざ計量しなくても、入れる予定の耐熱容器で1/3量くらい入れてお鍋に入れればOKです!洗い物削減!

タルタルソース作ります

③きゅうりと玉ねぎを適当にみじん切り。粗くてOK。同じボールに入れます。

④塩を適量入れてしばらく放置。しなっとしたら、さっと洗ってキッチンペーパーで包み水気を絞ります。

⑤卵を耐熱容器に入れてラップ。500ワット1分。その後様子を見ながら、黄身が固まるまでレンチン。できたらフォークでつぶします。

⑥きゅうり、たまねぎ、たまごをマヨネーズで和えたら完成。

【注意】
卵は跳ねることがあるので必ずラップをしてください。短い時間を何度か繰り返した方が、跳ねることなくできます。

ささみを切って、揚げます

⑦ささみを適当に削ぎ切りにして、袋に入れます。

こんな感じ。この日は人参や普通のから揚げも揚げたので3袋。

 

⑧袋の中に片栗粉を入れてシャカシャカ。まんべんなく簡単に片栗粉がまぶせます。

⑨170~180度くらいでささみを揚げます。

【ポイント】
余熱でも火が通るので、「ちょっと早いかな?」と思うくらいで取り出してみて下さい。お肉がしっとりとした仕上がりになりますよ!

仕上げ

⑩揚がったささみを、タレにドボっと浸して器に盛ります。その上からタルタルソースをかけて完成!

 

まとめ

【地味ごはん】チキン南蛮、人参ツナ炒め、具沢山みそしる、ブロッコリー、りんご。

 

揚げ物だけどささみでヘルシー。他、もちろん胸肉やもも肉でもOKです。
甘酢タレでさっぱりいただけます。お弁当にもいいですよ!
分量はざっくりで大丈夫です。

我が家は先にお肉カットして袋入れ、タレ作り、タルタルソースのマヨネーズ入れる手前まで作っておき、帰宅後、マヨネーズで和える、お肉揚げる…の作業をしています。
時間があるときは、子どものいないうちに揚げるところまでやってしまい、帰宅後にタレにドボっ、からやっています(笑)冷めてもおいしいです。

タルタルソースが面倒なら、お肉の上に刻みネギだけでもおいしいですよ!

タレは余ったら、お肉を炒めるタレにしてさっぱり炒めもいいし、少しごま油を足してドレッシングとして使ってもおいしいです。

是非、試してみてください。

ABOUT ME
アミーゴ
アミーゴ
愛知県在住30代後半。 食品業界にて業務用営業を経験。結婚を機に退社。夫の海外赴任地であるメキシコへ。 帰国後、再び大好きな食品業界へ再就職。そして転職も経験。 長らく関わる食品業界の経験から見える「食」の世界と、再就職、転職という「職」の世界をつづります。